about meta-culture

「メタカルチャー宣言」

フロイトの精神分析が欧州で影響力を誇っていた 1924 年に、アンドレ ブルトンがその影響下で人間の深層心理を表現する芸術運動を始めるべく「シュールリアリズム宣言」を発表した。そして、欧米で精神分析以降の心理学が現代西洋心理療法の形で発展をし続けた後、1975 年に、「打ち止め」的学派として NLP が生まれてきている。しかし残念ながら、「精神分析 → シュールリアリズム」に対応する「NLP → □」の部分が今なおミッシング リンクとなっていて、いまだに新しい芸術運動が生まれてきていなかった。

現在、すでに 21 世紀へと突入し、「20 世紀のピカソとともに二次元のアートは終わった」と言われている現代芸術の分野において「新芸術運動」の誕生が切望されている。そこで、「量子的飛躍」を果たした実践的コミュニケーション心理学の NLP によって、そのミッシング リンクを埋めることができるとここに宣言する。

「メタカルチャー」という名称は、これまでに存在した「アングラ」「サブカル」「ポップカルチャー」「カウンターカルチャー (対抗文化)」「オルタナカルチャー (代替文化)」といった既存の「フリンジカルチャー (非主流的文化)」すべてを統合し、かつそれらを「超えた (= 『メタ』) 文化」を意味する。

「メタカルチャー」とは、アート、ファッション、音楽、映画、演劇、芸能、舞踏、スポーツ、心理学、セラピー、ドラック、セックス、精神世界、魔術、オカルト (隠秘学)、瞑想、催眠等、さまざまな「フリンジカルチャー」的要素と革新的方法論である「メタの方法論」の NLP が止揚統合され、今までに存在し得なかったような芸術形態を継続的に創出していくものである。

「メタカルチャー」の発信源は日本であるかもしれないが、今後、世界からの賛同者を募ることで、世界的な運動になっていくものと強く期待している。

なお、「Meta-culture (メタカルチャー)」の用語は、登録商標取得済みである。

以下のサイトで、本宣言の英語バージョンが閲覧可能。

http://www.meta-culture.co/en/declaration/

October 2010

what's new

2011年4月20日

メルマガ「メタカルチャー宣言!」の第 7 号『メタカルチャー FAQ、その7』が発行されました。以下のサイトから閲覧可能です。

http://www.meta-culture.co/newsletter/

 

2011年4月15日

メタカルチャー運動創始の記念イベントとして、メタカルチャー ワークを紹介する目的で、「メタカルチャー ワーク」シリーズの開催がされてきています。

このシリーズの一環として、「Meta Mind Work I & II」 5 月 3 日 - 6 日に 4 日間の「Meta Mind Work I」および「 II」が開催されます。
 
Meta Mind Work I では、NEW コード NLP その他の技法を通じて、無意識と交信して、全開に活性化する方法が学ばれ、Meta Mind Work II では、覚醒法であるメタ モデルと、その逆転モデルである、催眠法であるミルトン モデルの自由自在な使い分け方の完全習得が目指されます。
 
本ワークは、北岡のワークを知る絶好の機会となります。本ワークの詳細については、以下を参照してください。

http://www.kitaokataiten.com/metamindwork/

 

2011年4月15日

今回、メタカルチャー運動の一環として、北岡の「個人的天才性のモデリング ワークが始まっています。
 
北岡は、これらの学習領域で卓越した能力を達成してきていますが、子供のときに、試行錯誤の後自分なりの「加速学習法」を身につけることができました。これは、「メタまたは全脳的学習ストラテジー」と呼ばれるもので、北岡は、この「メタまたは全脳的学習ストラテジー」を NLP の観点からモデリング化した明示的な一式の手順をそのワークで提示してきています。

北岡の一番の強みは、「一を知って一しかわからない人」すなわち「水平的学習者」をどのようにすれば「一を聞いて十わかる人」すなわち「垂直的学習者」に変えることができるかについて、具体的な方法論をもっていることです。さらに、高パフォーマンスを無意識的に達成している人々 (カリスマ的存在、会社経営者、セールスマン、熟練工、スポーツマン、アーティスト等) をモデリングすることで、その人々の技能を他の人々に移譲させることができるようになっています。

北岡は、最近、インタビューアによる「北岡自身の個人的天才性のモデリング」シリーズのビデオ収録を行ってきています。現在までに、5巻のビデオ収録 (各巻 50 分前後) を終えています。

第一巻目のダイジェスト バージョン (9 分半) が無料閲覧可能です。詳細については、以下のボタンをクリックしてださい。


http://www.office-kitaoka.co.jp/genius

 

2011年4月15日
 
 
メタカルチャー運動創始の記念イベントとして、メタカルチャー ワークを紹介する目的で、「メタカルチャー イブニング」ワークショップ シリーズの開催がされてきています。

現在は、北岡泰典の「紹介ワーク」として、毎月1回「NLP ライブワークショップ」が開催されています。開催会場は汐留ヴィラフォンテーヌ ホテルで、参加費は3千円です。

詳細は、以下のページにあります。


http://www.kitaokataiten.com/liveworkshop/ 
 

 

2010年11月11日

今回、メタカルチャー発足特別キャンペーンとして、メタカルチャー クリエータの北岡泰典が「個人的天才」になることを求められている方々向けに特別エッセイを書き下ろしました。エッセイのタイトルは「自分自身のボックスから脱却して個人的天才になるための奥義」 (PDF ファイル、22 ページ) です。

配布をご希望される方に特別に無料プレゼントさせていただきます。ご希望の方は以下のページから配布をお申し込みください。

http://www.meta-culture.co/essay/

 

2010年10月13日
「メタカルチャー宣言!」メルマガ第 4 号が一両日中に発行される予定です。以下に事前部分引用します。

「(NLP 共同創始者の) グリンダーは、『NEW コード NLP』という新しい方法論を確立していて、この方法論によって、(天才の) モデリングに必要な『ノウナッシング ステート (Know-Nothing State)』の状態にごく短時間で入れるようになっています。(最近のグリンダーは、二人の共同創始者が (ミルトン H) エリクソンを対象に行ったモデリングは、『ノウナッシング ステート モデリング』だったと明言しています。)

『ノウナッシング ステート』は、いわば、意識と無意識の境目のなくなった状態で、覚醒と睡眠の間の入眠時もしくは出眠時状態に近いものです。この状態は、『ゾーン』とも類似した状態で、潜在能力が最大限に活性化され、その人自身の『ピーク パフォーマンス』が非常に発揮しやすくなっている状態です。

この状態は、メタカルチャー運動に参加を求めるべき『アート、ファッション、音楽、映画、演劇、芸能、舞踏、スポーツ、心理学、セラピー、精神世界、瞑想、催眠等』の分野に従事している、自分のパフォーマンスを劇的に改善したいと思われている方々が意識的に、無意識的に求められている、まさしくその変性意識状態である、といってもまったく過言ではないと思います。

北岡は、巷で言われている第三、第四、第五世代 NLP といったものの実体を聞いたり見たりしているかぎり、改めて、初期の NLP がより本物に近いと体験的に確信しています。グリンダー氏から NEW コード NLP の直伝も受けている北岡は、そのメタカルチャー関連ワークの中で、ワーク参加者に、このような初期 NLP の真髄である『ノウナッシング ステート』の状態 (一種の催眠状態) に即入れるテクニックを紹介することができます。

以上の内容に興味のある方には、『メタカルチャー イブニング』 (10 月、11 月開催) あるいは『メタカルチャー ワーク』 (12 月開催) への参加を強くお勧めします。」

 

2010年10月07日
「メタカルチャー宣言」サイトが正式に開設されました。

 

about us

このたび、21世紀の新芸術形態を生み出すべく、革新的「メタ(超越)心理学」の方法論であるNLP(神経言語プログラミング)に基づいた「メタカルチャー運動」が創始されました。

20世紀最大の芸術運動のシュールリアリズム(超現実主義)は、深層心理と潜在意識を扱ったフロイトの精神分析から生まれましたが、同様に、無意識(マインド)と意識(マインド)を超えた超意識(メタマインド)への「進化」を可能にさせる、NLPに基づいたメタカルチャー的視点から新しい21世紀の芸術形態が生まれるであろう、とメタカルチャー運動の発案者である北岡泰典は確信しています。

本「メタカルチャー宣言」サイトの運営者は (株) オフィス北岡です。サイトは以下にあります。

http://www.office-kitaoka.co.jp/

また、メタカルチャー運動の発案者の北岡泰典の公式ワークショップは以下にあります。

http://www.kitaokataiten.com/

北岡泰典のプロフィールは以下のサイトで閲覧可能です。

http://www.kitaokataiten.com/profile/

最近の、北岡泰典のワーク参加者のワーク後感想が以下のサイトで閲覧可能です。

http://www.creativity.co.uk/creativity/jp/magazine/special/161.htm#feedback

「メタカルチャー宣言」のメルマガがまぐまぐ経由で発行されています。メルマガ購読登録は以下のページで可能です。

http://www.meta-culture.co/newsletter/backnumbers/

イベント 1: メタカルチャー ワーク

このたび、21世紀の新芸術形態を生み出すべく、革新的「メタ(超越)心理学」の方法論であるNLP(神経言語プログラミング)に基づいた「メタカルチャー運動」が創始されました。

20世紀最大の芸術運動のシュールリアリズム(超現実主義)は、深層心理と潜在意識を扱ったフロイトの精神分析から生まれましたが、同様に、無意識(ノーマインド)と意識(マインド)を超えた超意識(メタマインド)への「進化」を可能にさせる、NLPに基づいたメタカルチャー的視点から新しい21世紀の芸術形態が生まれるであろう、とメタカルチャー運動の発案者である北岡泰典は確信しています。

さらなる詳細については、以下のボタンをクリックして、「メタカルチャーワーク」サイトを参照してください。

 

 

イベント 2: メタカルチャー イブニング

今回、メタカルチャー運動創始の記念第二段イベントとして、メタカルチャーワークを紹介する目的で、「メタカルチャーイブニング」ワークショップシリーズの開催されてきています。

本ワークショップシリーズは、原則として、月一回のペースで、計88回の開催を予定しています。(北岡のNLP資格コースでは、プラクティショナーコースで44個の自己変容・自己実現テクニックが紹介され、マスタープラクティショナーコースでも44個のテクニックが紹介されますが、このことにちなんで、本ワークショップシリーズでも、毎回1個の異なるテクニックを紹介するワークが計88回開催されるものとします。)

本「メタカルチャー イブニング」ワークショップについては、以下のボタンをクリックして、詳細サイトを参照してください。

 

online newsleter

「メタカルチャー宣言」のメルマガがまぐまぐ経由で発行されています。最新号は以下を参照してください。

http://www.meta-culture.co/newsletter/

以下にあるのがバックナンバーのタイトルです。

Vol. 007:  2011.4.20
『メタカルチャー FAQ、その7』

FAQ13: 北岡「自己モデリング」について
FAQ14: ゴールデンウィーク開催の北岡ワーク
Vol. 006:  2010.11.1
『メタカルチャー FAQ、その6』

FAQ11: 「憑依モデリング」について
FAQ12: 「メタカルチャー ワーク第二段: 個人的天才性のモデリング」について
Vol. 005:  2010.10.22
『メタカルチャー FAQ、その5』

FAQ9: 「瞑想、催眠、NLP」の三位一体説について
FAQ10: 「カウンターカルチャー」について
Vol. 004:  2010.10.20
『メタカルチャー FAQ、その4』

FAQ7: 天才をモデリングする方法について
FAQ8: 「メタカルチャー」のベースの「サブカル」の「非合法的局面」について
Vol. 003:  2010.10.13
『メタカルチャー FAQ、その3』

FAQ5: 「変性意識」とは何か?
FAQ6: アーティストとしてブレークするには?
Vol. 002:  2010.10.11
『メタカルチャー FAQ、その2』

FAQ3: NLPとは何か?
FAQ4: NLP 業界外に進出することを決意した動機付けは?
Vol. 001:  2010.10.9
『創刊号: メタカルチャー FAQ、その1』

FAQ1: 「メタカルチャー ムーブメント」とは何か?
FAQ2: 「シュールリアリズム」とは何か?
Vol. 000:  2010.9.27
『創刊記念号』

english

▲トップに戻る

Copyright 2010 Office-Kitaoka Inc. All Rights Internationally Reserved.