メタカルチャー宣言

 

#007: 2011.4.20

『メタカルチャー宣言!』

************************************************************************
20世紀の超現実主義がフロイトの精神分析から生まれたように、
「ピカソの後、二次元アートは終わった」と言われている21世紀において、
現代西洋心理学の金字塔であるNLP(神経言語プログラミング)から
新芸術形態を生み出す目的で「メタカルチャー運動」が創始されました!

************************************************************************

『メタカルチャー FAQ、その 7』

皆さん、こんにちは。「変性意識の学際的研究家」、「メタカルチャー」クリエータの北岡泰典です。

私は、昨年秋に、新しい「文化運動」である「メタカルチャー運動」を立ち上げました。これは、私が 2001 年の英国滞在からの帰国後生業としてきている NLP (神経言語プログラミング) の業界外の一般市場向けの私の新プロジェクトです。

「メタカルチャー宣言」を含んだ「メタカルチャー」サイトは以下でアクセス可能です。

http://www.meta-culture.co/

本第 6 号の内容は、以下の通りです。

1.メタカルチャー FAQ その 7

/////////////////////////

2.メタカルチャー FAQ その 7

FAQ MC Q13: 最近、「個人的天才性のモデリング ワーク」の一環として、「自己モデリング ワーク」を始められたそうですが、このワークについて説明していただけますか?

FAQ MC A13: 私は、「個人的天才性のモデリング ワーク」を提供してきています。

(なお、「個人的天才」とは、レオナルド ダ ヴィンチ、ベートーベン、アインシュタイン、ピカソといった「超一流の天才」ではなく、「各業界における第一人者」という意味です。)

NLP は、1975 年創始当初、天才と言われている人々が頭の中でどのようにしているかを、一式の明示的な手順として「モデリング」 (すなわち、「見える化」もしくは「可視化」) する方法論として生まれました。

私自身、現在までに、NLP を通じて、四つの領域で自分を個人的天才にしてきています。それらは、1) 語学、2) 精神世界、3) NLP、4) 片手でのコンピュータ操作、の領域です。最近、これに加えて、5) プリゼンテーション力の領域を入れることもあります。

私は、これらの学習領域で卓越した能力を達成してきていますが、子供のときに、試行錯誤の後自分なりの「加速学習法」を身につけることができました。これは、「メタまたは全脳的学習ストラテジー」と呼ばれるもので、このストラテジーの具象化として、青年期以降、以上の5つの領域で、自身を個人的天才にしてきています。

私は、この「メタまたは全脳的学習ストラテジー」を NLP の観点からモデリング化した明示的な一式の手順をそのワークで提示してきています。

私の一番の強みは、「一を知って一しかわからない人」すなわち「水平的学習者」をどのようにすれば「一を聞いて十わかる人」すなわち「垂直的学習者」に変えることができるかについて、具体的な方法論をもっていることです。

さらに、高パフォーマンスを無意識的に達成している人々 (カリスマ的存在、会社経営者、セールスマン、熟練工、スポーツマン、アーティスト等) をモデリングすることで、その人々の技能を他の人々に移譲させることができるようになっています。

このような私の「個人的天才性のモデリング ワーク」に興味をもたれるビジネス界の方々もいらっしゃると思っています。

私は、最近、インタビューアによる「北岡自身の個人的天才性のモデリング」シリーズのビデオ収録を行ってきています。現在までに、5巻のビデオ収録 (各巻 50 分前後) を終えています。

今回、ビジネス界の方々にも広く私のワークを知っていただくための目的で、本シリーズの開始を記念して、以下のページで、「個人的天才性のモデリング ワーク第一巻」のダイジェスト版ビデオ (9 分 30 秒) を閲覧可能にしました。このページに無料で閲覧できるビデオ動画があります。

http://www.office-kitaoka.co.jp/genius/

このページからは、「個人的天才性のモデリング第一巻」 (44 分。MP4 フォーマット。275MB) のダウンロード申込みも可能です。

なお、北岡泰典のワークに興味をおもちになった場合は、ゴールデンウィークに開催される 4 日間「Meta Mind Work I & II」のワークショップ ( 5 月 3 日 - 6 日) が、北岡のワークを知る絶好の機会となります。本ワークの詳細については、以下を参照してください。

http://www.kitaokataiten.com/metamindwork/

FAQ MC Q14: ゴールデンウィークに3つのワークを開催されるそうですが、概要を教えていただけますか?

FAQ MC A14: 以下に、三つのワークの概要をお伝えします。

1) 4月29日開催セラピスト向け北岡泰典 with 染谷かおり NLP スペシャル体験ワーク

私は、最近、さまざまな形での「体験ワーク」を開講してきていますが、ゴールデンウィークの 4 月 29 日 (金) に半日の「NLP スペシャル体験ワーク」を開催することになりました。

本ワークは、「セラピストの自立支援」を促すための体験ワークで、セラピストの染谷かおりさんとの共同開催となります。参加費も非常に廉価 (1 万円 + 税) に抑えさせていただきました。

プログラムとしては、コミュニケーション基本技能の SRCF/C (状態管理、ラポール、観察、柔軟性、首尾一貫性) 技能のうち、特に、「ラポール」 (クライアントとの「波長」、「ウマ」の合わせ術) と「観察力 (カリブレーション)」のテクニック演習が実演、習得されます。

本紹介ワークショップは、セラピストの自立支援を目的としています。

詳細は、以下のページを参照してください。

http://www.kitaokataiten.com/kitaoka_work/

2) トラウマケアのための「メンタルケアコーチ養成講座」

4月30日、5月1日には、トラウマケアのための「メンタルケアコーチ養成講座初級編」が開講されます。

3 月 11 日に発生した東日本大震災は、未曾有の人的、物的損害を引き起こしましたが、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、災害の甚大な影響を受けていらっしゃる方々、そのご家族に心からお見舞い申し上げます。

NLP トレーナー/ファシリテータの北岡泰典は、過去、PTSD 的症状、「境界線障害」的症状に苦しみ、その後完全克服したという個人的な体験をもっているので、NLP の「トラウマキュア」、「トラウマケア」の観点から、被災者の方々と被災者のメンタルケア ヘルパー (セラピスト、カウンセラー、医師等) の方々に対して、北岡なりに個人的に何らかの貢献ができないかと模索してきていました。

その中で、被災者の方々にメンタルケアを提供するファシリテータ (セラピスト、カウンセラー、コーチ、コンサルタント、トレーナー、医師等の総称です) の方々向けに、「メンタルケアコーチ養成講座」の開講することになりました。

北岡が、過去 10 年間、資格コース等で教えてきている NLP は、1975 年の創始時には、元々、心理療法の一派として生まれた経緯があり、欧米では、通常は長期間かかるトラウマキュアをごく短時間で可能にする方法論として広く知られています。実際、NLP は、1970 年代のあまりにも数多くのベトナム戦争帰還兵のトラウマ治療を加速化する「短時間療法」のニーズを背景として開発されました。

このため、PTSD 症状をもったクライアントにメンタルケアを施す必要のある方々に、即効性のある「トラウマキュア」、「トラウマケア」を達成できる方法を学んでいただき、効果的なメンタルケアの技能を身につけていただきたいという思いから、本講座を開講することを決意しました。

「メンタルケアコーチ養成講座」の目的は、NLP の観点から、被災者の方々と被災者のメンタルケア ヘルパー (セラピスト、カウンセラー、医師等) の方々に対してトラウマケアの方法論を提供し、かつ、有効で効率的なトラウマケアができるメンタルケアコーチを養成することにあります。

本講座の主催者は、北岡が代表を務める「メンタルケアコーチ協会」です。

本講座の詳細は、以下のページにあります。

http://www.kitaokataiten.com/mentalcare/

3) 「Meta Mind Work I & II」 5 月 3 日 - 6 日開催情報

5 月 3 日 - 6 日には「Meta Mind Work I & II」が開催されます。

このワークは、メタカルチャー運動に興味をもたれている方々にとって、北岡のワークを知る絶好の機会です。

これまで、「エリクソン催眠 (ミルトンモデル) 完全習得ワークショップ」が何度か開講されてきていますが、この無意識/NEW コード NLP/催眠ワークは、北岡が特に自信をもっているワーク パッケージで、開講のたびに参加者の方々から高い評価を受けていると、個人的に自負しています。

このワークは、しいて言うと、「無意識/NEW コード NLP ワーク」と「エリクソン催眠ワーク」の二つのセクションに分けることができますが、特に後者のワークでは、実際に参加者にミルトン H エリクソンの肉声を聞いてもらって、NLP の「ミルトン モデル」の観点からエリクソン自身の誘導法を完全分析するという、世界的にも他に類を見ないのでは、と思っている私の「自信作」です。

詳細は、以下のページを参照してください。

http://www.kitaokataiten.com/metamindwork/

 


以上、今号のメルマガはいかかでしたでしょうか?
ご質問やご意見がございましたら、忌憚なく info@kitaokataiten.com までお寄せください。

「メタカルチャー宣言!」サイトは以下にあります。
http://www.meta-culture.co/

本メルマガの発行者 (Office Kitaoka Inc.) のサイトは以下にあります。
http://www.office-kitaoka.co.jp/

北岡泰典公式サイトは以下にあります。
http://www.kitaokataiten.com/

北岡泰典のメルマガ「これが本物の NLP だ!」は、以下のサイトで参照することができます。
http://www.kitaokataiten.com/nlp_magazine/

本誌の無断転載は禁止されています。
(c) Copyright 2011, Office Kitaoka Inc./Taiten Kitaoka. All rights internationally reserved.