メタカルチャー宣言

 

#002: 2010.10.11

『メタカルチャー宣言!』

************************************************************************
20世紀の超現実主義がフロイトの精神分析から生まれたように、
「ピカソの後、二次元アートは終わった」と言われている21世紀において、
現代西洋心理学の金字塔であるNLP(神経言語プログラミング)から
新芸術形態を生み出す目的で「メタカルチャー運動」が創始されました!

************************************************************************

『創刊号: メタカルチャー FAQ、その 2』

皆さん、こんにちは。「変性意識の学際的研究家」、「メタカルチャー」クリエータの北岡泰典です。

私は、つい最近、新しい「文化運動」である「メタカルチャー運動」を立ち上げました。これは、私が 2001 年の英国滞在からの帰国後生業としてきている NLP (神経言語プログラミング) の業界外の一般市場向けの私の新プロジェクトです。

この運動の趣旨は、二十世紀初頭にフロイトが創始した精神分析の運動が芸術分野で開花して、1920 年代にアンドレ ブルトンを中心としたシュールリアリズム (超現実主義) 運動を生み出した一方で、1975 年に西洋で「打ち止め」的な究極的心理学として生まれた NLP (神経言語プログラミング) がいまだに新しい主要芸術運動を生み出していなかったので、その「ミッシング リンク」を「メタカルチャー運動」と名づけることになった、というものです。

「メタカルチャー」の発信源は日本であるかもしれませんが、今後、世界からの賛同者を募ることで、世界的な運動になっていくものと強く期待されます。

アート、ファッション、音楽、映画、演劇、芸能、舞踏、スポーツ、心理学、セラピー、精神世界、瞑想、催眠等の分野に興味のある方で、西洋で生まれた「究極的自己実現方法論」としての NLP を学ばれて、その道の第一人者になられることに興味をもたれる方が増えていただければ、と願っているところです。

以下、本第 2 号の内容は、以下の通りです。

@ メタカルチャー FAQ その 2
A メタカルチャー宣言 (参考情報用再告知)
B メタカルチャー ワーク 12 月開催情報
C
メタカルチャー イブニング開催情報

/////////////////////////

@ メタカルチャー FAQ その 2

FAQ MC Q3: NLP (神経言語プログラミング) とは何ですか?

FAQ MC A3: 歴史的に言うと、NLP は、人間の卓越性に関する明快なモデルを作成する目的で、米国カリフォルニア州立大学サンタクル ーズ校 (UCSC) でジョン グリンダー (背景は言語学) とリチャード バンドラー (背景は数学とゲシュタルト療法) によって 1975 年に創始されました。彼らの最初の著作、『魔術の構造、第 I、II 巻』 (1975 年、1976 年) では、フリッツ パールズ (ゲシュタルト療法の創始者) とバージニア サティア (国際的に知られた家族療法家) の 2 人のセラピストの優れた言語および行動のパターンを特定しました。次の著作、『ミルトン H. エリクソン M.D. の催眠的テクニックのパターン、第 I、II 巻』 (1975 年、1976 年) では、米国臨床催眠協会の創設者で、現代で最も広く認知され、臨床的に成功した催眠療法医であるミルトン H. エリクソンの口頭および行動のパターンを考察しました。

これらの初期の研究として、グリンダーとバンドラーは、「NLP (神経言語プログラミング)」という名前の下でそのモデリング テクニックを公式化しました (NLP の名称自体が使われ始めたのは、創始 5 年後の 1980 年前後です)。この名前は、脳、言語、身体の関係を象徴しています。「神経言語プログラミング」の名称は、人間の経験を生成するのに最も影響のある 3 つの構成部分、すなわち、神経系、言語、および内的「プログラミング」をカバーしています。

神経系は、私たちの情報処理と身体的調整のし方を決定します。言語は、私たちの他の人々との対話とコミュニケーションのし方を決定し、内的プログラミングは、私たちが内的に構築し、活動の基盤とする世界についてのモデルを決定します。このように、NLP の目的は、心 (「神経」) と言語 (「言語」) の間の基本的関係と、その相互作用がどのように私たちの体と行動に影響するか (「プログラミング」) を解明することにあります。

ちなみに、NLP は、最近日本のビジネス界でも非常にポピュラーになっているコーチングの基になっている方法論で、現在、世界中で、セラピー、教育、 音楽、アート、ビジネス、スポーツ等、多くの分野で取り入れられている最もポピュラーな実践的コミュニケーション心理学です。NLP は、1975 年の米国西海岸での創始以来欧米で大ブレークしてきていますが、1980 年代後半から欧米の心理療法家を含む心理学者のほとんどが NLP 資格コースを受講してきているといっても過言ではありません。

また、英国では、最も少なく見積もっても約 5 万人、場合によっては 25 万人までの人々が NLP 資格コースを受講しているという情報もあり (2003 年当時の情報の数字で、現在はさらに激増していると思われます。情報源は英国 NLP アソシエーション)、この数字は、欧米ではセラピー、心理学、教育に従事している人々だけでなく、ビジネスマン、経営者、政治家、スポーツ選手、武道家、芸術家、音楽家なども、さらには主婦を始めとするごく普通の人々も含めたほぼすべての社会階層に NLP がすでに広く浸透していることを示唆しています。

さらには、東南アジア、特に香港や台湾のような中国系の国では、(再) 就職活動者が就職希望先の企業の面接者に提示する自分の履歴書に「NLP 資格取得済み」という記載があれば、日本で言う TOIEC の高得点の成績と同じような形で評価されるまでにすでになっています。その意味では、歴史的に見て、アジアで真っ先に「西洋の模倣」をする国が常に日本であったことを考慮すると、この事実はかなり皮肉的なものであると言えますが、NLP の認知に関して日本にも遅かれ早かれ現在の香港や台湾のような状況が訪れることはまず間違いないでしょう。

セラピー/カウンセリングの観点から NLP について語ると、NLP は (催眠療法の世界最高権威のミルトン H. エリクソンの「モデリング」から生まれたという意味から) 「催眠の進化バージョン」と定義することができます。通常は、深い夢遊病者的催眠状態でしか達成できない効果と同等もしくはそれ以上の効果を、ごく日常的な軽いトランス状態を使いながら達成することを可能にしているのが NLP です。

さらに言うと、西洋では、キリスト教文化圏として、教会の懺悔という伝統が何世紀にも渡って続いてきていますが、この伝統では、罪を犯した人が薄暗い告解室に入って「見知らぬ他人」としての神父に「匿名」で秘密を暴露することが、言ってみれば美徳として見なされていたと思います。20 世紀に入って、非常に賢いシグモント フロイトがこの既存の伝統の神父を精神分析家に置き換えたので、あれだけ精神分析が西洋で流行ったわけです。20 世紀中庸の頃、たとえばニューヨークで、精神分析家に何十年かかりつけになって、何千万円払ったと言えることが、高級車を所有する以上の社会的ステータスが獲得できるまで精神分析は上流社会を凌駕した感がありました。

しかし、その後、クライアントをただソファーに寝かせて、過去のトラウマ (精神的外傷) を「自由連想」法によって「口頭で吐露」させるだけではトラウマは根本的に解消されないことが発見され、その反省に立って、1950 年代、1960 年代に、ゲシュタルト、人間性心理学、プライマル、エンカウンター、交流分析 (TA)、サイコシンセシス、エスト、リーバーシングをはじめとする現代西洋心理療法の無数の学派が乱立気味に生まれました。

これらの心理療法の学派の共通点は、口頭で「デジタル」的に過去について語ることで過去から解放されると信じた、ナイーブすぎる精神分析的方法を排し、クライアントに過去のトラウマの体験を「五感で再体験」させれば過去のカタルシスが起こると信じ、クライアントに過去の否定的な体験を視覚、聴覚、触覚的に再体験させる点にありました。

ただ、これらの新セラピーについても、長年の「実験」から、単にクライアントに何度も五感で過去を再体験させることは、(精神分析の場合のように) 単に口頭で過去について語らせることと同様、抜本的な療法的効果を発揮しないことが、最終的に判明しました。

この、クライアントに五感で過去を再体験させるセラピーの限界性には二つの局面があります。

一つ目は、セラピストが、クライアントに対して、その人が思い出したくないと思っていうまさにその体験を、イメージと音と体感を伴わせながら、何度も何度も、繰り返して思い出せる、という点です。

二つ目については、アンソニー ロビンスがその『アンリミティッ ド パワー』 で、既存の心理療法の学派は、内部に蒸気圧力が溜まってきているやかん (クライアント) の蓋を開こうとするものだと喩えています。この場合、圧力が解放されたときクライアントは気分よく感じますが、蓋が一人でに再度閉まってしまい圧力が再び溜まる度に、繰り返して 2 週間毎に同じセラピストのところに戻っていく必要があります。

他方、ロビンスの比喩を続けると、NLP で可能なことは、ジュークボックスのメカニズムに類似しています。仮にボタン A を押したときに聞きたい音楽が流れ、ボタン B を押したときに聞きたくない音楽が流れるなら、ボタン A を押すたびに聞きたい音楽が流れ始めるように、内部配線を変えることができます。または、聞きたくない音楽が乗っているディスクを取り払って、聞きたい音楽の新ディスクを乗せ換えることが可能です。NLP が達成できることは、まさにこのような私たち人間の脳のプログラミングの「配線変え」というわけです。

ちなみに、この同じメカニズムについての私 (北岡) 自身のお気に入りの比喩は、CD-ROM ドライブが設置されたコンピュータです。すなわち、私たちは通常、自分の誕生時からこの人生ずっと同じ 1 つの古い CD-ROM だけを使い続けてきているのですが、他の CD-ROM との交換法がわからないかぎり、私たちは自分が見て、聞いて、感じたいと望むデータをコンピュータ モニタ上で閲覧することは決してできないことになります。すなわち、モニタ上で私たちに可能な経験の範囲は挿入済みの CD-ROM の内容によって事前決定されているので、仮に CD-ROM の交換法がわからない場合、または交換を望まない場合は、私たちは、モニタ上で同じ陳腐な過去の経験を永久に繰り返すように運命付けられていることになります。NLP 以前の心理療法は、ほぼすべて、いわば過去のトラウマのシーンのデータが保存されている CD-ROM からそのトラウマをモニタ上で再アクセスさせて何度も何度も再体験させることだけで、クライアントが「カタルシス」を行いさえすればそのトラウマを自動的に解消できると (ほとんど「犯罪的」と言ってもいいほど) ナイーブに信じていたと言えます。一方、NLP は、トラウマのシーンのデータが保存されている CD-ROM を意識的にドライブに挿入しないでおく術、または私たちが自分が見て、聞いて、感じたいと望む内的体験のデータが保存されているような複数の CD-ROM を作成して、そのうち文脈に最も合った CD-ROM を常に意識的にドライブに挿入できる術を教えてくれるというわけです。

この CD-ROM の比喩を使うと、現代心理療法の学派のもう一つの限界性である「クライアントは、セラピストから『変化』することを強要され、変化できないときは、『今の自分を捨てろ』と命令されるので、クライアントの側に変化への恐怖が起こり、変化を強要するセラピストへの抵抗が強化される」という問題点も NLP で解決されます。

すなわち、従来のセラピーでは、今自分がもっている CD-ROM が自分自身であるという自己同一化に基づいて、その CD-ROM を否定することをクライアントに強要する傾向が強くありますが、NLP では、選択肢としての CD-ROM の数を増やす方法を学ぶだけで、従来の 1 枚の CD-ROM の内容も、今後将来どこかで有益になるかもしれないという可能性に基づいて、捨て去ることなく、選択肢の一つとして持ち続けることを可能にさせます。このように、NLP では、クライアントの「アイデンティティの永遠なる拡張」はありえても、「自我の死」といったメカニズムはありえないものになっています。

1975 年に、このような「革命的な心理療法の一派」として NLP が生まれた後、上述の従来の心理療法の学派はほぼすべて衰退し、また、メジャーな心理療法の新しい学派も、一、二の例外を除いて、いっさい生まれていないという厳然たる歴史的事実に、私が、NLP は、「量子的飛躍」を遂げた、「打ち止め的」な心理学学派であると主張している最大の根拠があります。

このような西洋のセラピーの歴史が、「カウンターカルチャー」の他の文化的要素と同じように、(左脳的) 「知識」としては広く浅く日本に紹介されてきているものの、(右脳的) 実体験としてはほとんど詳細が知られていない事実は、極めて残念なことです。この点については、天外司郎氏が茂木健一郎氏との対談 (講談社ブルーバックス『意識は科学で解き明かせるか』、2000 年) の中で (茂木氏の、日本の問題点は、本当の意味のカウンターカルチャー革命を経験していない点にある、アメリカ人は基本的な教養として、カウンターカルチャー体験を持っている、日本にはそれがなくて、意識の変性状態のようなテーマを研究するときの非常に大きな欠落になっている、という内容の発言に対して) 「日本の社会の大きな問題点は、カウンターカルチャーを経験していないことです」と述べている問題点がまさしく浮き彫りになっています。

さらに、NLP は、「コンテント フリー (内容とは無関係)」と呼ばれている方法論ですが、簡単に言うと、クライアントはセラピストの前で自分の問題の詳細を文字通りいっさい語る必要がなく、語り始めるとセラピストは「演習の手順が教えられないので何も語る必要はありません」と指示するほどのセラピーまでなっていて、この点において、私は、NLP は日本人が初めて受け入れることができるセラピー的形態だと考えています。一方では、NLP 以降メジャーなセラピーの学派は実質的に一つも新しく生まれていないので、私は、「NLP は、日本人とって、最初で最後のセラピーである」と定義し続けてきています。

ただ、当初 1975 年にセラピーの代替学派として生まれた感の強い NLP は、NLP という名称が正式に採用された 1980 年頃を境にして、(まさしく「コンテント フリー」の方法論として) セラピーだけでなくすべての分野に適用できる、汎用的実践的コミュニケーション心理学に変容した経緯があります。

実践的コミュニケーション心理学としての NLP は、本来的には、国内で広く紹介されているような、ちょっとした自己変容や営業の説得のツールではなく、抜本的な自己実現、自己変容を可能にさせてくれる、非常に底の深い、体系だった革新的方法論です。NLP の体系性については、2000 年に『NLP 百科事典』全二巻 (各巻 800 ページ、計 1,600 ページ) がロバート ディルツとジュディス ディロージャ主催の NLP ユニバーシティから出版されていて、私の見るところ、NLP はすでに閉じた広大な学問体系になっています。

私は、以上のような意味における (国内で知られている「希釈された NLP」ではない) 「本物の NLP」を、広く国内の人々にも伝えるべく、今回「メタカルチャー運動」を立ち上げることを決意した次第です。

なお、「NLP とは何か?」についてのさらなる情報としては、以下のサイトを参照していただくことが可能です。

北岡泰典 NLP FAQ サイト:
  http://www.kitaokataiten.com/nlp_faq/
北岡泰典著「これが本物のNLPだ!」旧バージョン全号公開サイト:
  http://www.kitaokataiten.com/nlp_magazine/backnumbers.html

FAQ MC Q4: 北岡さんは、2001 年に英国から帰国後、NLP 業界で活躍されてきていたようですが、今回、NLP 業界外に進出することを決意された動機付けを教えてください。

FAQ MC A4: そうですね、まず、私は、1988 年、1989 年に NLP (神経言語プログラミング) の共同創始者のジョン グリンダー氏からカリフォルニア州サンタクルーズで NLP 資格 (プラクティショナー、マスター プラクティショナー) を取得し、その時点で、グリンダー氏を日本に招聘する契約も交わしていたので、場合によっては、20 年前から国内における NLP 草分け的存在として活躍してくることも可能だったと思います (この契約をもとに、15 年あまりの月日が必要でしたが、私は、実際に 2005 年にグリンダー氏の日本招聘を成功させています)。

ただ、当時の私は、まだまだ「未完成」で、鼻持ちならず、仮にその時点で国内で「第一人者」になっていたとしても、今から振り返ると、他の人々に抜本的な変容をもたらせることはできない、表面的な NLP しか教えることはできなかったと思っています。

その後、私は、滞在先の英国ロンドン市の自宅に篭り、約 7 年間に渡って NLP (毎日 10 個の NLP 演習) を自己適用して、その後やっと、自分の過去のトラウマ関連の問題をすべて完全払拭することに成功し、このことによってしか NLP を人に施して人を変えることを支援するという方向性に歩み出しませんでした。

ちなみに、この自分自身の「完全な自己変容」を遂げたのが 1995 年くらいで、象徴的には、その年の夏にドイツのミュンヘンで参加した、もう一人の NLP 共同創始者のリチャード バンドラー氏のトレーナーズ トレーニング コースを修了した時点で、私の 7 年間の「修行」は終わりましたが、この時点では、たぶん、外界とのコミュニケーションは非常に難しく、いわば山頂から人々のいる市井に降りてきて、国内で NLP を普及するために 2001 年に帰国するまで、約 6 年の時間が私には必要でした。

このように、25 歳で大学を卒業した後海外で、セラピー、心理療法、催眠、精神修行、瞑想、化学的に誘発された状態を始めとする、ありとあらゆる「変性意識」に関する研究と実践を行った後に、それらをすべて超越する「認識論」 (我々は自分の知っていることをどのように知っているかについての学問) の方法論として見つけた「本物の NLP」を、2002 年以来教えてきているつもりでしたが、国内では、そのような「本物性」はあまり求められておらず、国内の NLP といったら、ちょっとした自己変容や営業の説得のツールとしてしか紹介されておらず、教える側も教わる側も、「希釈に希釈を重ねた NLP」しか求めていないことを発見しました。

このことは、セラピー的に言っても、日本はアメリカから 30 年から 40 年遅れていると言われているように、NLP が生まれるベースとなったセラピー、催眠、化学的に誘発された変性意識のエリアについて、日本人は極めて未熟な状態にいる、という点が最大のネックになっているように思われます。(このことは、FAQ3 で指摘した、天外司郎氏の「日本の社会の大きな問題点は、カウンターカルチャーを経験していないことです」という発言と密接な関係があります。)

ということで、ある意味で、私が教える「本物の NLP」は、もしかしたら、すでに NLP がこういうものであると信じこんでいる NLP 業界内のクライアントよりも、NLP 業界外にいる人で、NLP のことは何も知らないが、体験的に、セラピー、催眠、化学的に誘発された変性意識等に熟知した欧米人に匹敵できるだけの、代替エリアでの「参照機構」 (物事を判断する際の基準となる自分の中の実際的体験) をもった、各業界の第一線で活躍されている方々の方が、「本物の NLP」を理解できるだけの感性をもっておられるのではないかと考えるようになった次第です。(著者注: この段落にある「 NLP がこういうものであると信じこんでいる NLP 業界内のクライアント」とは、今までの私の NLP コースへの参加者ではなく、むしろ、私のワークに実際的に本格的に触れてきていない人々を指しています。)

このことに関連して、あるコンサルタントの方から、「北岡さんは NLP の教師としてはずいぶん効果があるのでしょうが、NLP 業界外の人々に対してはどうなのですかね?」といった疑問を投げかれられたことがありましたが、私自身、2001 年の帰国以来、首尾一貫して、私の NLP を真の意味で評価できる方々は、少なくとも私以上の体験 (参照機構) を、変性意識の領域でもってこられている人だ、という立場を貫いてきていましたので、このコンサルタントの疑問にはかなり驚いた次第でした。

たぶん、このコンサルタントの方を含めて、大多数の人々は、まず NLP の名前を聞いて、インターネットで検索したり、非常に質の悪いトレーナー (極めて残念ですが、国内のトレーナーは、欧米と比べて、ほぼすべて、そう判断せざるをえない状況です) のワークを受けて、NLP は無効果、無価値だと判断されて (この判断は妥当だと、私は完全同意できます)、その判断に基づいて、私のワークも「同様」に質が悪いとかってに「類推」されるのだと思いますが、この類推がまったく的外れであることを証明するためにも、一般市場を対象にした今回の「メタカルチャー運動」の創始につながった次第です。

どうか、今後の私の「メタカルチャー イブニング」 (10 月、11 月開催) あるいは「メタカルチャー ワーク」 (12 月開催) に参加されて、本物の NLP がどれだけ革命的で、人々を抜本的に変えられるものなのか、そして、業界の天才をさらに天才にすることができるのかを、実感していただきたいと思います。

/////////////////////////

A 「メタカルチャー宣言」 (参考情報用再告知)

フロイトの精神分析が欧州で影響力を誇っていた 1924 年に、アンドレ ブルトンがその影響下で人間の深層心理を表現する芸術運動を始めるべく「シュールリアリズム宣言」を発表した。そして、欧米で精神分析以降の心理学が現代西洋心理療法の形で発展をし続けた後、1975 年に、「打ち止め」的学派として NLP が生まれてきている。しかし残念ながら、「精神分析 → シュールリアリズム」に対応する「NLP → □」の部分が今なおミッシング リンクとなっていて、いまだに新しい芸術運動が生まれてきていなかった。

現在、すでに 21 世紀へと突入し、「20 世紀のピカソとともに二次元のアートは終わった」と言われている現代芸術の分野において「新芸術運動」の誕生が切望されている。そこで、「量子的飛躍」を果たした実践的コミュニケーション心理学の NLP によって、そのミッシング リンクを埋めることができるとここに宣言する。

「メタカルチャー」という名称は、これまでに存在した「アングラ」「サブカル」「ポップカルチャー」「カウンターカルチャー (対抗文化)」「オルタナカルチャー (代替文化)」といった既存の「フリンジカルチャー (非主流的文化)」すべてを統合し、かつそれらを「超えた (= 『メタ』) 文化」を意味する。

「メタカルチャー」とは、アート、ファッション、音楽、映画、演劇、芸能、舞踏、スポーツ、心理学、セラピー、ドラック、セックス、精神世界、魔術、オカルト (隠秘学)、瞑想、催眠等、さまざまな「フリンジカルチャー」的要素と革新的方法論である「メタの方法論」の NLP が止揚統合され、今までに存在し得なかったような芸術形態を継続的に創出していくものである。

「メタカルチャー」の発信源は日本であるかもしれないが、今後、世界からの賛同者を募ることで、世界的な運動になっていくものと強く期待している。

なお、「Meta-culture (メタカルチャー)」の用語は、現在、商標登録出願中である。

(本宣言の英文が「メタカルチャー」サイトに掲載されています。)

/////////////////////////

B メタカルチャー ワーク 12 月開催情報

このたび、21世紀の新芸術形態を生み出すべく、革新的「メタ(超越)心理学」の方法論であるNLP(神経言語プログラミング)に基づいた「メタカルチャー運動」が創始されました。

20世紀最大の芸術運動のシュールリアリズム(超現実主義)は、深層心理と潜在意識を扱ったフロイトの精神分析から生まれましたが、同様に、無意識(マインド)と意識(マインド)を超えた超意識(メタマインド)への「進化」を可能にさせる、NLPに基づいたメタカルチャー的視点から新しい21世紀の芸術形態が生まれるであろう、とメタカルチャー運動の発案者である北岡泰典は確信しています。

今回、メタカルチャー運動創始の記念イベントとして、メタカルチャーワークを紹介する目的で、北岡のこれまでの「メタマインドワーク」に基づいた、特別4日間ワークの 12 月開催が決定しました。

ワークのタイトルは「無意識から超意識へ:二元論脱却のための脱催眠法」で、前半の2日間は12月4日、5日に有楽町国際フォーラムで、後半の2日間は12月11日、12日に汐留ホテルヴィラフォンテーヌで開催されます。

以下が、ワーク内容です。

前半の2日間では、主に、超意識(メタマインド)に向かうために必要なプロセスである、自分自身の無意識を完全把握し、かつ、意識と無意識の間でのラポールを確立するためのワークが紹介、実践されます(ミルトン H. エリクソンによれば、クライアントが心理的、身体的に「病気」になる理由はたった一つで、それは、意識と無意識の間にラポールが欠如しているからです)。

方法論としては、催眠に基づいた無意識ワークとNEWコードNLPワークが活用されます。

後半の2日間では、20世紀の催眠療法の最高権威とされているミルトン H. エリクソン式の「エリクソン催眠ワーク」が紹介、実践されます。このワークでは、ワーク参加者に実際にエリクソンの肉声を聞いていただきますが、NLPの「ミルトンモデル」の観点からエリクソン自身の誘導法を完全分析するという、世界的にも他に類を見ないのでは、と思っている北岡の「自信作」です。

言い換えると、前半の2日間のワークでは、我々は、いわゆる覚醒状態でどれだけの間催眠もしくはトランス状態に入っているか(=無意識であるか)を自己認識し、そこから意識へ覚醒するだけでなく、無意識と意識の二元論を超える(=メタマインドに進む)実用的なプロセスを実感することができます。後半の2日間のワークで、催眠法を完全習得することによって、そのメタマインドに向かうプロセスを可能にする「脱催眠法」を完全習得することになります。

この4日間ワークは、「アングラ」、「サブカル」、「カウンターカルチャー(対抗文化)」といった「非主流的カルチャー」に興味がある方で、メタカルチャー運動に基づいた21世紀の新芸術形態の創出に興味があれば、NLPあるいは催眠に関して、事前の知識なしに参加することができます。

本メタカルチャーワーク参加希望者で、まずワークファシリテータの北岡のワークに実際に触れてみたい方には、同じくメタカルチャー記念イベントの一環として開催される「メタカルチャーイブニング」ワークショップ(10月25日、11月16日開催予定)に参加されてみることをお勧めします。詳しくはここをクリックしてください。

【メタカルチャー ワーク開催概要】

日   時 :

   「無意識から超意識へ:二元論脱却のための脱催眠法」前半2日間
    12月4日(土)、5日(日)10:00〜18:00  東京有楽町国際フォーラム

   「無意識から超意識へ:二元論脱却のための脱催眠法」後半2日間
    12月11日(土)、12日(日)10:00〜18:00  汐留ホテルヴィラフォンテーヌ

会   場 :

12月4日 (土)、5日 (日)   

   東京国際フォーラム
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
    電話 : 03-5221-9000
    アクセス: http://www.t-i-forum.co.jp/function/map/

12月11日 (土)、12日 (日)    

    ホテル ヴィラフォンテーヌ汐留
    〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル内
    Tel:03-3569-2220 / Fax:03-3569-2111
    アクセス: http://www.hvf.jp/shiodome/

   (会場は、変更されることがあることを予めご了承ください。)

参 加 費 : 全4日間で32万円プラス消費税(計336,000円)
           (これは、メタカルチャー運動創始記念キャンペーン価格です)
定    員 : 15名限定
講   師 : 北岡 泰典 (プロフィール)
参 加 資 格 : 特にありません。(「再受講」の場合は再受講参加費が適用されます。詳細は別途メールでお問い合わせください。)
主   催 : 株式会社 オフィス北岡 (CEO 北岡泰典)

申 込 方 法 : 以下のページの申し込みフォームからお申し込みください。折り返し、参加費支払い方法等の情報をお伝えします。

http://www.meta-culture.co/works/meta_work/

/////////////////////////

C メタカルチャー イブニング開催情報

今回、メタカルチャー運動創始の記念イベントとして、メタカルチャー ワークを紹介する目的で、「メタカルチャー イブニング」ワークショップ シリーズの開催が決定しました。

本ワークショップ シリーズは、原則として、月一回のペースで、計 88 回の開催を予定しています。(北岡の NLP 資格コースでは、プラクティショナー コースで 44 個の自己変容・自己実現テクニックが紹介され、マスター プラクティショナー コースでも 44 個のテクニックが紹介されますが、このことにちなんで、本ワークショップ シリーズでも、毎回 1 個の異なるテクニックを紹介するワークが計 88 回開催されるものとします。)

第1回目の「メタカルチャーとは何か?」は 10 月 25 日に、第2回目の「サブカルとは何か?」は 11 月 16 日に開催されます。その後のワークとして予定されているトピックには、「NLP とは何か?」、「シュールリアリズムとは何か?」、「変性意識とは何か?」、「マインドとノーマインドを超えたメタマインドについて」、「メタ意識状態について」、「トランスについて」、「潜在意識、無意識、意識、顕在意識の差異について」、「催眠について」、「脱催眠について」、「瞑想について」、「ヒッピー文化について」、「化学的に誘発された変性意識について」、「世阿弥の離見の見について」、「個人的天才になるための必要条件について」、その他があります。

本ワークショップ シリーズの参加資格は特にありませんが、特に、「アングラ」、「サブカル」、「カウンターカルチャー (対抗文化)」といった「非主流的カルチャー」に興味がある方で、メタカルチャー運動に基づいた21世紀の新芸術形態の創出に関心がある方を歓迎します。

なお、北岡のさらに本格的なメタカルチャー ワークに触れてみたい方には、 12 月 4 日、5 日および 11 日、12 日の 4 日間開催されるメタカルチャー ワーク記念イベントである「無意識から超意識へ:二元論脱却のための脱催眠法」ワークへの参加をお勧めします。詳しくはここをクリックしてください。

【メタカルチャー イブニング開催概要】

第1回メタカルチャー イブニング: 「メタカルチャーとは何か?」

日   時 : 10月25日 (月) 19:00 〜 21:30

    第1回ワークでは、新芸術運動のメタカルチャーの定義が紹介されます。
    自己変容テクニックとしては、最重要の「SRCF/C (状態管理・ラポール・
    カリブレーション・柔軟性・首尾一貫性)」技能のうち、「状態管理」のため
    の「アンカーリング」テクニックが紹介、習得されます。

第2回メタカルチャー イブニング: 「サブカルとは何か?」

日   時 : 11月16日 (火) 19:00 〜 21:30

    第2回ワークでは、メタカルチャーのベースとなっているサブカル (サブ
    カルチャー) を含めた「フリンジ (非主流) カルチャー」についての考察が
    なされます。
    自己変容テクニックとしては、最重要の「SRCF/C (状態管理・ラポール・
    カリブレーション・柔軟性・首尾一貫性)」技能のうち、短時間で「ラポール
    形成」を可能にするテクニックが紹介、習得されます。

会   場 :
        ホテル ヴィラフォンテーヌ汐留
        〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル内
        Tel:03-3569-2220 / Fax:03-3569-2111
        アクセス: http://www.hvf.jp/shiodome/

       (会場は、変更されることがあることを予めご了承ください。)

イブニング参加費 : 一万円プラス消費税 (計 10,500 円)
定    員 : 15名限定
講   師 : 北岡 泰典 (プロフィール)
参加資格 : 特にありません。
主   催 : 株式会社 オフィス北岡 (CEO 北岡泰典)

申込方法 : 以下のページの申し込みフォームからお申し込みください。折り返し、参加費支払い方法等の情報をお伝えします。

http://www.meta-culture.co/works/meta_evening/


以上、今号のメルマガはいかかでしたでしょうか?
ご質問やご意見がございましたら、忌憚なく info@kitaokataiten.com までお寄せください。

「メタカルチャー宣言!」サイトは以下にあります。
http://www.meta-culture.co/

本メルマガの発行者 (Office Kitaoka Inc.) のサイトは以下にあります。
http://www.office-kitaoka.co.jp/

北岡泰典公式サイトは以下にあります。
http://www.kitaokataiten.com/

北岡泰典のメルマガ「これが本物の NLP だ!」は、以下のサイトで参照することができます。
http://www.kitaokataiten.com/nlp_magazine/

本誌の無断転載は禁止されています。
(c) Copyright 2010, Office Kitaoka Inc./Taiten Kitaoka. All rights internationally reserved.